昔から言われるマグロ漁師は高収入求人なのか?

以前から借金を返せない人間は、マグロ漁船に乗せられて、働かされ借金を返させるなんてことが言われてきました。

マグロ漁船に乗り、遠洋漁業を行う仕事は、高収入求人になるのでしょうか。
ここでは、マグロ漁船は高収入求人足りえるのかについて紹介しましょう。

■昔から高収入求人のイメージがあるけれど…

マグロ漁船は、冒頭にある通り、一攫千金を狙うことができる職業というイメージがあるものです。
女性は風俗や水商売。
男性ならばマグロ漁船。

こういったことが昔は成立していました。
一昔前では、確かに一度の漁に出ることで、何百万円、何千万円という大金が動いた事実はあります。

しかしながら、近年では、マグロの漁獲量の制限も相まってか、月給で30万円前後という一般的な仕事とほぼ変わらない収入になっているのが現状です。

ですから、一昔前のイメージのような高収入求人の中でも、超がつくほどの大金を稼ぐことはできなくなっているのです。

■ただし、強制的にお金は貯まる

月収30万円というと、大したことがないし、全く稼げないと思うかもしれません。
しかしながら、遠洋漁業というのは、1年間などの長い期間、海に出っ放しの状況になることが通常です。

ですから、使いたくてもお金を使えない状況にあり、結果として、どんどんとお金が貯まるといったことも事実としてあります。
これは、訓練漬けでほとんどお金を使う暇がない自衛隊のような仕事と同じようなことが言えますね。

■なぜ高収入求人でなくなったのか

なぜマグロ漁船が高収入求人でなくなったのか。
それは海外産のマグロが値段も安く、味もそれなりのものだから、国内の漁師のものよりも需要が高くなってしまったことによります。

ただ、大間などのブランドマグロでは、未だに高値が付くケースもあります。